プロテーゼを使った手術

鼻が高くかっこいい女性

身体は骨と筋肉、そして皮膚や皮下組織で構成されている。
その他にも、軟骨で構成されている部分があり、鼻はほとんど軟骨で構成される部分である。
このため、鼻は硬いように見えて柔らかいため、動きやすいパーツでもある。
筋肉や軟骨の状態で変化するので、鼻を高くするためにはマッサージをするだけで高くなるという人もいる。

ヒアルロン酸の注入でも鼻が理想の高さにならない、という人がいるが、こういった人は軟骨の形が低くなっている。
もっと鼻を高くしたい、理想の形にデザインしたい、という人は、医療用の素材を鼻に入れ、軟骨組織に変わり鼻を高くする方法を取る。
この医療用具はプロテーゼという名前で、鼻整形の手術の名前は隆鼻法である。

L字型やI型のプロテーゼを鼻の中に入れるのであるが、この時鼻の形が不自然にならないように最も気が遣われる。
鼻の形が不自然であれば、整形をしたことがすぐに分かってしまい、それだけでなく表情にもなんとなく不自然さが出てしまう。
鼻の皮膚に負担をかけないようにするために、個人に適切な高さのプロテーゼを選ぶことになる。
医療用に認可された道具なので、拒否反応を起こす心配は全くなく、術後は自然に生活する事が可能である。