観相学から見た鼻

理想の鼻

鼻整形は男性も受ける人が多いといわれている。
なぜかというと、鼻は観相学において特に男性の人間性を象徴するものであるといわれているためである。
では、どのような鼻が、運勢が良いといわれているのかを見ていくことにする。
鼻はその人の顔の全体のバランスによってそれぞれ良さが変わってくるものであるため、一概に良さを確定させることは出来ない。
しかし、観相学的にどんな印象を持つ鼻が良い鼻とされているのかを確認すれば、鼻整形を行なう際の基準とすることができる。

顔の中央にある鼻は存在感を表すとされている。
それは生活力と直結しているともいわれており、このため長らく男性の「甲斐性」を図るパーツともされてきたのである。
生活力があるとされている鼻は、鼻梁に幅があるタイプとされている。
鼻梁とは、眉間から鼻先にかけての部分であるが、この部分がまっすぐで幅があり、いわば馬のように存在感があれば、生活力に長けているとされるのである。

また、鼻梁の高さは美しさの判断基準としても有名である。
鼻梁が長く、かつ横から見ると高さもある場合、自信に満ち溢れた鼻ということになる。