観相学から見た鼻

鼻は鼻高々という言葉もあるように、自尊心や心の強さを表す部分である。これは、主に中国などで考えだされた観相学に基づくものである。
こうした鼻の持つ意味を知ることは、鼻の美しさを知る上でも、重要な判断基準とすることができるので、参考になる。

» 詳細を確認する

ヒアルロン酸で簡単体験

鼻は鼻高々という言葉もあるように、自尊心や心の強さを表す部分である。これは、主に中国などで考えだされた観相学に基づくものである。
こうした鼻の持つ意味を知ることは、鼻の美しさを知る上でも、重要な判断基準とすることができるので、参考になる。

» 詳細を確認する

少し変えたいとき

大掛かりな鼻整形をするほどではないが、少し鼻を直せば完璧である、シワを取り去れば良い印象を持たせることができる、といった場合にプチ鼻整形は便利である。
顔の印象はちょっとしたことで変わるものであり、鼻は真ん中にあるので、印象を大きく残すものでもある。

» 詳細を確認する

プロテーゼを使った手術

ヒアルロン酸を注入するには量にも限界があり、ヒアルロン酸の粘度によってはすぐに効果が無くなる場合もある。
半永久的に鼻を高くしたい、理想の鼻梁を手に入れたい、という場合は、医療用の道具を埋め込むという方法で鼻整形が行われることになる。

» 詳細を確認する

顔の真ん中に位置している

外国人の女性

鼻は目や口元に比べるとあまり二重まぶたが良いなどの美の基準が無いものである。
しかし、注目される機会がないにも関わらず、鼻は顔の真ん中に位置している顔のパーツなので、一度気になってしまうとその印象がつきまとうものである。
それもそのはず、人相学においては、鼻はとても重要なもので、人の性格を表しているともいわれている。
人の性格を表すほどに実は存在感を示している鼻は、美容の世界でも注目度が高いものである。
昔から美女の基準は鼻でみるといわれているほどである。
世界三大美女とも呼ばれたクレオパトラはとても鼻が高いことで有名で、「クレオパトラの鼻があと数ミリ短ければ歴史が変わった」といわれているほどである。
このように、鼻は顔のパーツや美容にとってとても重要なパーツなので、鼻整形をしたいという人は後を絶たないのである。

鼻整形を行う人は多いものの、鼻には明確な美の基準が無いのも面白い話である。
鼻筋が通っている鼻が良い鼻の基準ととりあえずいわれているが、この鼻筋が通っている鼻が必ずしも全体の顔の形と合っているとは限らないのである。
それは、顔の造作の美しさとは、結局全体のバランスによって決まるからである。
鼻は顔の真ん中に位置しているので、全体のバランスを整える役割を果たしている。
顔に対して長かったり、短かったり、小鼻が開いていたりと鼻は様々形があるが、このバランスが全体とマッチしていれば美しいといえる。
このため、鼻整形をするときは全体のバランスを考えながら手術を進めていくことになる。